A.PINETREE 自然ときらきら笑顔と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然ときらきら笑顔と。

長女は妹の手を引いて。

先週の水曜日、あんまりお天気が気持ちよかったので、家族で滋賀県栗東市にあるこんぜの里まで足を延ばしてきました。この道の駅の隣にある芝生の広場が子供たちのお気に入りスポット、遊具なんかはないけれど、お天気なら一日中ピクニックしたり、バドミントンしたり、ごろごろ転がって遊んだり…気持ちいい~場所です。

ピクニックの荷物で両手がふさがっていた私は、さっさと芝生の広場へシートを広げに行っていると、3歳の長女が妹の手を引いて来てくれました。子供同士が優しく助け合っている光景は、なんとも微笑ましいし、母として嬉しいです。


三女と四女、そして長女。

4月とは思えぬ(ホント暑いくらい)陽気で、ピクニックシートを広げてゴロンと横になるだけでシアワセ気分。こんなお天気なら…とチビちゃん達もシートの上でお日様満喫。

長女は小さな妹達が大好きすぎて、チュッチュチュっチュ。

「ママ~、お腹減った~。」
と到着前に騒いでいたはずの子供たちは、いざ広い公園を目の前にすると遊びたくてムズムズ、お弁当を食べことより遊びたい気持ちが勝って、食事の途中でほったらかしで、遊びに行ってしまいました。


遊びの天才、長男。

ボール遊びに鬼ごっこに虫探し。
そんでもって飽きたら、車にあったもので即席ソリなんか作って傾斜を滑り始めました。

この子たちの遊びっぷりったら観ているだけで爽快!
遊びの天才たちは、寒い時期に部屋にこもって貯めていたエネルギーを思いっきり青空の下で発散させるのでした。


負けず嫌いな長女。

お兄ちゃんに負けじと長女もそり遊びに参加。
二人とも「暑い~。」と上着もTシャツも脱ぎ捨てて、下着でドロドロになるまで遊び倒しました。


次女は好奇心旺盛。

上の二人が楽しそうに遊んでいるので、1歳次女も真似っこ。

きらきらの空ときらきらの子供たちの笑顔。
これを絶やしたくない、絶対に。

未だ余震が続く日本、原発の問題も予想以上に大きく、この子たちの将来に不安を感じますが、こうやって子供たちやその子孫たちが、当たり前のように元気に外で遊び、笑い、希望を持てる未来がきっとあることを信じて、私たち大人は今できることを全力でやる時が来たと感じています。

A crisis can always be a chance for change!

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

profile

A.Pinetree

Author:A.Pinetree
◇born in 1975
◇living in Kyoto
◇hubby & 5 kids in my family
◇love knitting & sewing
◇speak Japanese & English

twitter...

a_pinetree Reload

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

my children

visitors since 5 Jun. 2008

visitor

現在の閲覧者数:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。