A.PINETREE 祈り。
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り。



東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げると共に、 亡くなられた多くの方々にお悔やみ申し上げます。

皆さまの無事と一日も早い復興をお祈り申し上げます。


・・・
11日の午後に起こった巨大地震が起ったころ、私は自宅で保健婦さんの検診を受けていました。何の揺れも感じなかったため、そのまま4時半ごろ保育園のお迎えに行き、そこでもたくさんのお母さん方とは普通の会話しかしなかったので、帰ってきてテレビを観ていた母に「関東東北のほうでえらい大きな地震があったみたい。」と言われるまでは、まさか東の方であんな大変なことになっているとは思いもしませんでした。

あれから2~3間、私はテレビは殆ど観なかったのですが(普段から日曜日のサザエさん位しか観ないんです)、いつも他愛もないつぶやきをしていたツイッターのタイムライン上も物々しい被害の様子や救助を求める声の拡散ツイートで埋め尽くされて、ただ何もできずにいる自分が無力に感じてうんざりもしました。

もし、5人の幼い子たちのいる我が家が今回のような災害に見舞われたら、さてどうする?
そんなことを想像していたら、パニックになりそうでしたが、とりあえず出口の近くにリュックに詰めた防災グッズを用意したり、いざという時に持ち出す毛布の数や水のことなど、いろいろと頭の中でシュミレーションしたりしました。一応心の準備ができて不安を抑えることができましたが、気休め程度、流れるラジオの速報をドキドキしながら聴きながら、ツイッターで被害の大きさを知ってビビりながら、それでも子供たちのいる我が家の平常を保とうと朝昼晩ちゃんとご飯を作り続けました。

私にできることは何だろう?

チェーンメールやツイッター上でも混乱が起きていて、物資を送れ、いや送るな、関西でも節電しろ、いや関西の節電は意味がない・・・など、不安な上にどの情報を頼れば良いのか困惑してしまいましたが、ようやく頼るべき情報源も限定されてきて、今わたしにできることは募金だと気付き、わずかながら日本赤十字社を通じて募金しました。

子供たちにも、なるべく普段通りの生活ができるように、衝撃の映像が多過ぎるテレビのニュースは極力見せず、平常モード生活を続けました。(もちろん、日本の東の方でこんな大変なことになっているんだという話は口頭でしていますが) 母として今できることは、子供たちが安心して暮らせる毎日を続けることなんじゃないかなと、私なりの結論で、震災に見舞われている方々の無事を祈りながら、普通の生活をさせていただいています。

震災発生後10日ほどして、テレビの子供番組も再開し、ツイッター上も前向きで明るいツイートや以前のようなユルいツイートも見られるようになってホッとしています。

雪の舞う寒さの中、ライフラインの復旧もなく、まだ救援物資の届かない地域に避難されている方々が大勢いらっしゃるということ、その中に生まれたばかりの赤ちゃんがいて、十分なミルクやおむつがないこと、死者・行方不明者の数がとんでもなく大きいこと、目に見えない原発の影響の恐ろしさなど、考えるだけで苦しくなる今回の震災、西に居る私たちが今できることは応援することとできる限りの支援をすること、そして過度な自粛をすることなく元気に暮らすことだと思います。今後もアンテナを張り続けて、わたしにできる限りの支援をしながら、家族を守って行きたいと思います。

一日も早く、関東東北に笑顔が溢れますように・・・。
応援しています。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
胸が苦しくなる日々が続きましたよね。私は実家が宮城で実家&町がなくなっていました(テレビで確認できてしまいました^^)。家族はなんとか無事でしたが、悲しい知らせも多く不安定さが娘にも伝わってしまいました。やはり子供には衝撃的すぎるのですよね。反省しました。
いざというときはどう行動するか…。生き延びた母の話をいろいろ聞くと、運もあるのですが、過信せずすばやくいつも通りに避難できた方の生存率が高かったようです。夜でなくて本当によかったとも言ってました(真夜中の避難も考えておかなければならないのだなと痛感)。
被災した人たちと連絡も取れやすくなってきて話を聞いていると、こちらが拍子抜けするほど明るく元気でたくましいです。いざこざが起きてるなどの報道も一部ありますが、全体的には協力し合っているようです。
これから復興に向けて、皆さん少しでいいので応援よろしくお願いします。ちなみに聞く人皆、町を離れる気はなさそうなのです…。
わたくしごとをこちらに長々書くのは失礼かなと思いましたが、なにかのお役に立てばと思いコメントしました。不適切であれば削除して下さい。
最後にひとつ、良識ある皆さんはご存じだと思いますが、ツイッターの「拡散」は本当にじゃまでした(安否情報が埋もれてしまって…)。
じんべいさん、コメントありがとうございます。
宮城のご実家が災害でなくなってしまったとのこと、テレビで確認された信じ難い映像に心苦しまれたと思います。けれどご家族はご無事であったとのこと、安心しました。被災地で過ごされる日々は寒さや心身ストレスもあるかと思います。心よりお見舞い申し上げます。

> いざというときはどう行動するか…。生き延びた母の話をいろいろ聞くと、運もあるのですが、過信せずすばやくいつも通りに避難できた方の生存率が高かったようです。夜でなくて本当によかったとも言ってました(真夜中の避難も考えておかなければならないのだなと痛感)。

今回の地震・津波の時間帯が夜中であったなら、被害はもっと深刻だったかと想像するとぞっとします。自分の身にもし同じ災害が起きたら、それが夜中だったら…と思うだけでパニックになります。落ち着いて速やかに避難…肝に銘じます。

被災されている人たちが思いのほか明るくやっておられるとのことをお聞きし、すごく安心しました。わたしを含め、被災地以外の人たちは自分にできることがごく限られている中、被災地の方々や亡くなった方々、家族を失った方々の事を思うと、普段通りの暮らしをすることに罪悪感を感じる人も多いと思います。わたしの住む京都でも、がんばっておられる被災地の皆さんのためにできることを、一日でも早い復興を…とたくさんの方が活動しています。今回の地震で日本が団結して復興へと動いていますので、どうか大変な今を乗り越えて欲しいと思います。

ツイッターの「拡散」については、地震発生後数日間、わたしも驚くほどの数に圧倒されていました。(私はただただタイムラインを眺めるだけで何もできず…)肝心の安否情報が得られないのは拡散した方々も不本意だと思いますが、じんべいさんのご意見を聞いて、「拡散」について、ツイッターユーザーの方々にちゃんとその悪影響も知ってもらいたいと思いました。

ご実家が大変な中、貴重なお声をありがとうございました。
一日も早い復興と被災地の皆さんの笑顔溢れる日が来ることを西から祈っています。

  • A.Pinetree#-
  • URL
  • 2011.03.26(Sat)
  • Edit

profile

A.Pinetree

Author:A.Pinetree
◇born in 1975
◇living in Kyoto
◇hubby & 5 kids in my family
◇love knitting & sewing
◇speak Japanese & English

twitter...

a_pinetree Reload

calendar

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

my children

visitors since 5 Jun. 2008

visitor

現在の閲覧者数:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。