A.PINETREE 今年も栗の渋皮煮。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も栗の渋皮煮。

今年の渋皮煮は美味しくできました。

義母のふるさとから毎年送られてくる大量の大きな栗を、今年も1キロほどおすそわけして頂きました。
栗…と言ったら、やっぱり渋皮煮。丁度この時期に多いツイッターの「渋皮煮作りました―。」ってつぶやきを読んでいたら作りたくてむずむずしていたところでした。

渋皮煮にはとても思い出深いというか、渋~いエピソードがあり(長男お産の前夜に作った)、多分以前ブログで既に触れたので書きませんが、特別な思い入れがあります。

それにしても、1キロ分の鬼皮剥きってタイヘン!もう手が痛いです。渋皮を傷つけないように慎重に剥くのが荷崩れを防ぐ第一のコツですが、慎重に進める作業故、肩がこります。

ようやく鬼皮が剥けたら、灰汁抜きの茹でこぼし3回。この茹でこぼしと最後の味付けの際にこども達に気を取られているとせっかくの慎重な鬼皮剥き作業も水の泡であっという間に荷崩れを起こしちゃうんですよね。なので、今年は超早起きをしてこども達がまだ夢の中の時間を利用してせっせと作りました。

今年の渋皮煮は丁寧に美味しくできました。味も見た目もまずまずの出来です。 それにしても、この渋皮煮づくりの作業って、雛人形や五月人形の出し入れにどこか似た季節のイベント(大げさですが)って感じです。手間だけど欠かせない季節の母仕事。

美味しくできたので、近所で仲の良いお家へおすそわけしたら、お返しに自家製の美味しいシソ梅干しをジャム瓶いっぱい頂きました。こうやって自家製の物々交換もよくしますが、ここ京都にはまだまだサザエさんの時代の雰囲気が残っているなぁと思います。だから私はこの町が好きです。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

profile

A.Pinetree

Author:A.Pinetree
◇born in 1975
◇living in Kyoto
◇hubby & 5 kids in my family
◇love knitting & sewing
◇speak Japanese & English

twitter...

a_pinetree Reload

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

my children

visitors since 5 Jun. 2008

visitor

現在の閲覧者数:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。