A.PINETREE 走りたい、また。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走りたい、また。




アウトドア派な義弟がMTB購入を検討中とのことで、眺めていた専門誌を見せてもらっていたら、私もまた走りたくなりました。

高校卒業後、単身でイギリスに渡った私のカレッジへの通学手段はいつもマウンテンバイクでした。自転車好きは当時のドイツ人のパートナーの影響を受けたのがきっかけでしたが、今から考えると、自転車でヨーロッパ横断、それもアルプス越えをした怖いもの知らずの日本人女性は、歴史上、数えるほどしかいないだろうなぁと思います。その時分の私は歩いて1ヶ月以上のイギリス縦断をしたり、スイスの農場を泊まり歩いたり、イギリス一高いベン・ネビス山を登ったり…と母親にはハラハラさせる幾つもの冒険を何のためらいなくやったものです。

そんな若かりし時の自分の体験は、良い意味でも悪い意味でも、その後の人生感を変えました。

自転車の旅は、子どもたちが大きくなったら、ぜったいにさせたい体験です。まずは琵琶湖一周位から('-^*)/あと、山登りも…。

でも、子育てが一段落するのは私の体力の衰退が進むだろう四十代半ば、それまで私にスタミナは残ってるかな?

ヨーロッパでの自転車の旅については、思い出す限り、また後日ここに書いておこうかと思います。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
す…すごいですね。A.Pinetreeさんがそんなワイルドだったなんて驚きです。
20の頃MBTでウロウロしていたことを思い出しました。京都でも夏に1週間程ウロウロしました(往復は電車でしたけど)。仕事柄、建築物を見て回ったのですが、高台のお寺へ登りきった時の湧水の味は格別でした。それと下りの気持ちよさ。
A.Pinetreeさんとはスケールが全然違いすぎますが(^^ゞ
ヨーロッパでの自転車旅のお話楽しみにしています。
じんべいさん、ありがとうございます。

一方通行や細いろうじが多い京都はやっぱり自転車がいちばんですよね。うちは子どもが多いのでもう自転車では移動出来てないですが、息子一人だった時は、持っているマウンテンバイクにチャイルドシート(専用の)付けて走ってました。

車の生活に慣れた現代の子どもたちは、ちょっと歩くだけで、疲れた~って言ったりするので、自分たちで山登りをした時に飲む水の美味さを体験してもらいたいですね。
きっかけ作りをするのは大事な親の仕事かな?と思います。
  • A.Pinetree#-
  • URL
  • 2010.07.18(Sun)
  • Edit

profile

A.Pinetree

Author:A.Pinetree
◇born in 1975
◇living in Kyoto
◇hubby & 5 kids in my family
◇love knitting & sewing
◇speak Japanese & English

twitter...

a_pinetree Reload

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

my children

visitors since 5 Jun. 2008

visitor

現在の閲覧者数:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。