A.PINETREE 恒例の200人分のぜんざい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例の200人分のぜんざい。

200人分のぜんざい

気がつけば、ブログから離れて半月も経っていました。

毛糸についての愚痴で今年一年を締めくくってしまっては始末が悪いと思い、ひさびさにパソコン前に座ってみると、子供たちふたりが膝の上に乗るわ、キーボードの邪魔をするわ、そのうえ2人が押し合うわ…。そんなわけで、髪の毛を振り乱しながら、今年最後のブログ記事です。

以前にも書きましたが、うちの恒例行事として、毎年12月30日に200人分のぜんざいを作ります。

●材料●
小豆・・・5キロ
白ザラメ・・・5キロ
白玉粉・・・2.5キロ
塩・・・少々

これを大きな寸胴なべ二つでたっぷりと煮ます。豆が踊らないように、ことこと弱火で丁寧に…。なんせこの量ですから、半日がかりの大仕事です。湯を捨てる作業もかなりの重量に顔が真っ赤になるほど。小豆が柔らかくなったら砂糖の出番。

一晩おいて、甘さが豆に浸みこんだら、塩を一つまみ。

400 SHIRATAMA

さてさて、お次は白玉です。
毎年、大晦日の400個強の白玉作りは毎年主人の仕事です。二人でお湯の表面に浮かんできた白玉をすくいながら、「今年もめちゃ早かったなぁ。」などと決まった会話をしながら、大晦日の雰囲気を味わいます。

できあがったばかりの白玉ぜんざい、まずは大晦日に働いてくれたスタッフ全員にふるまい、続いて家族。息子は私の目を盗んで4杯も平らげました。こら~~~!!!まぁ、それほど美味しかったということで、勘弁しよう。

これから家族で年越しそばを普通に食べ、子供たちを寝かせたら…
除夜の鐘の音を聞きながら、年始のふるまいぜんざい&ふるまい酒の最終準備。
108つめの除夜の鐘が撞かれると同時に、通りがかりの人に一斉にふるまいます。
(毎年たのしみにしてくれている常連さんもいるんですよね。やりがいがあります。)
2009年の元旦も、たくさんの「おおきに。」「ありがとう。」と人々の笑顔で気持ち良く迎えられたら最高にいいなぁと思います。

というわけで、今年もあわただしく過ぎて行った一年、ブログを見に来てくださった方々にも感謝です。
来年もどうぞよろしくお願いします。あなたにとって、充実した一年になりますように・・・。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

profile

A.Pinetree

Author:A.Pinetree
◇born in 1975
◇living in Kyoto
◇hubby & 5 kids in my family
◇love knitting & sewing
◇speak Japanese & English

twitter...

a_pinetree Reload

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

my children

visitors since 5 Jun. 2008

visitor

現在の閲覧者数:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。