A.PINETREE 2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜並木道を歩いて。

平野神社は賑わっていました

撮影日2011年4月10日 桜の名所 平野神社にて

どの桜も満開、ちょうど見ごろを迎えていました。
桜花祭の日で週末ということも手伝って、平野さんは満開の桜を愛でに非常に多くの人が訪れていました。
(人ごみをかき分けてでっかいバギーを押していると、すれ違い際に「あ~、双子ちゃん?かわいい~。」と100人位の人に声掛けられました(汗)。)

長男&長女はいつものおばちゃんのお店でスマートボールを愉しんで、焼きトウモロコシを食べて…と桜よりお祭りが楽しいといった印象でした。


疏水の桜を川端から眺める

撮影日 2011年4月12日 疏水(夷川水力発電所を川端通から望む)

桜の名所はたくさんあれど、私の大好きな桜のスポットはここです!


幹も美しい桜の木

撮影日 2011年4月12日 疏水

疏水沿いの歩道を歩くと、美しい桜並木。その幹の美しさにもうっとり。


水の方へと伸びる枝

撮影日 2011年4月12日 疏水

水力発電所付近の桜は水の方へ、水の方へと手を差し伸べるように枝を延ばしています。


青空に映える桜

撮影日 2011年4月12日 疏水

のどかな春の日差しとそよ風、青い空がうすべに色の桜に映えます。


椿がこんな時期に

撮影日 2011年4月12日 疏水

おや?歩道の反対側には出遅れた(?)椿が「私も見て」とひっそり咲いていました。


岡崎周辺の桜もキレイ

撮影日 2011年4月12日 岡崎

岡崎付近~インクラインを散歩しました。この散歩コースにはずっとこのきれいな桜が立ち並んでいて、この時期には必ず訪れたい場所のひとつとなっています。

::::::::::::::::

京都市内に電力を送る夷川水力発電所の近くを散策していて、連日報道される日本の原発について考えてしまいました。

少し前のコラムになりますが、なるほどと思ったもの↓
高見幸子さんのコラム「今こそ未来のエネルギービジョンを描こう」

それと、ツイッターで教えて頂いた京大原子炉実験所小出先生の説明は分りやすく、原発がなぜ危険なのか、勉強になります。↓
菊の助さんのブログ「卑弥呼からの手紙

ツイッターでもつぶやいていますが、今回の大震災は無知だった原発について知るきっかけとなりました。知れば知るほどその恐ろしさや、この地震大国に54基もの原発の建設を進めてきてしまったことへの憤りを感じます。こどもたちの未来を思うと、「知らなかった」では許されない。だから、今この機会に自分自身で真実に近いだろうと思える情報から学び、安全なエネルギービジョンをみんなで考え、子供たちの未来のために現実にしていかなきゃと思います。
スポンサーサイト

自然ときらきら笑顔と。

長女は妹の手を引いて。

先週の水曜日、あんまりお天気が気持ちよかったので、家族で滋賀県栗東市にあるこんぜの里まで足を延ばしてきました。この道の駅の隣にある芝生の広場が子供たちのお気に入りスポット、遊具なんかはないけれど、お天気なら一日中ピクニックしたり、バドミントンしたり、ごろごろ転がって遊んだり…気持ちいい~場所です。

ピクニックの荷物で両手がふさがっていた私は、さっさと芝生の広場へシートを広げに行っていると、3歳の長女が妹の手を引いて来てくれました。子供同士が優しく助け合っている光景は、なんとも微笑ましいし、母として嬉しいです。


三女と四女、そして長女。

4月とは思えぬ(ホント暑いくらい)陽気で、ピクニックシートを広げてゴロンと横になるだけでシアワセ気分。こんなお天気なら…とチビちゃん達もシートの上でお日様満喫。

長女は小さな妹達が大好きすぎて、チュッチュチュっチュ。

「ママ~、お腹減った~。」
と到着前に騒いでいたはずの子供たちは、いざ広い公園を目の前にすると遊びたくてムズムズ、お弁当を食べことより遊びたい気持ちが勝って、食事の途中でほったらかしで、遊びに行ってしまいました。


遊びの天才、長男。

ボール遊びに鬼ごっこに虫探し。
そんでもって飽きたら、車にあったもので即席ソリなんか作って傾斜を滑り始めました。

この子たちの遊びっぷりったら観ているだけで爽快!
遊びの天才たちは、寒い時期に部屋にこもって貯めていたエネルギーを思いっきり青空の下で発散させるのでした。


負けず嫌いな長女。

お兄ちゃんに負けじと長女もそり遊びに参加。
二人とも「暑い~。」と上着もTシャツも脱ぎ捨てて、下着でドロドロになるまで遊び倒しました。


次女は好奇心旺盛。

上の二人が楽しそうに遊んでいるので、1歳次女も真似っこ。

きらきらの空ときらきらの子供たちの笑顔。
これを絶やしたくない、絶対に。

未だ余震が続く日本、原発の問題も予想以上に大きく、この子たちの将来に不安を感じますが、こうやって子供たちやその子孫たちが、当たり前のように元気に外で遊び、笑い、希望を持てる未来がきっとあることを信じて、私たち大人は今できることを全力でやる時が来たと感じています。

A crisis can always be a chance for change!

お食事エプロン×4

お食事エプロン

保育園グッズを作らなきゃ!と思いながら数週間、しかしながら3人のちびっこ+2人の新生児のいる生活は予想通りの忙しさで、結局新学期が始まる前日まで何もできず…、久々に夜なべをして次女の保育園用お食事エプロン、次女用が完成しました。

ビブ(よだれかけ)ではなく、食事用エプロンなので、食べこぼしをキャッチするポケットのあるものが良いなぁと、良いパターンを探そうかと思ったけど、とにかく時間が無かったので、頂き物の市販のお食事エプロンをトレースしてパターンを作成。ハギレのニット素材を二重に使い、縁どりテープでぐるんと周りを縁どっただけの簡単エプロンです。スナップは、プラスナップを使用。

裏に付けたポケットをひっくり返して表側に持ってくると食べこぼしキャッチのポケットになるという、ごく一般的な作りです。(写真右側はポケットをひっくり返す前、左はひっくり返した後のエプロン)

防水布を付けるか否かと迷ったんですが、4枚分はなかったので今回は防水布は不使用。厚めのニット地を二重に使っているのできっと大丈夫でしょう。(←テキトー)


裏はこんな感じ

(裏側)ニットテープで作った紐、共布の食べこぼしキャッチポケットを付けました。

◆型紙:なし(市販品をトレースしてパターン作製)

◆布:ダイヤキルトニット(グレー)、naomi ito pochoドットニット(小豆色) ともにby ノムラテーラー

京都御苑でお花見。

遊べ、子供たち。

春、春、春だ~!!!
ようやく暖かくなってきたこの頃、元気のエネルギーが有り余る子供たちを連れ出しました。

行き先は御所の児童公園・京都御苑、我が家の定番遊び場です。
梅の花が終わり、桃の花がまだ見頃な苑内をぼとぼとと歩いて行くと、見えて来ました。

しだれ桜が満開。

大きなしだれ桜。毎年、このしだれ桜が他の桜よりも一足早く見頃を迎えます。ソメイヨシノなど他の桜はまだ硬い蕾を付けている中、どうでしょう、この見事にフォトジェニックな枝垂れ。美しい。

いいなぁ、やっぱり。

毎年、毎年懲りもせずに(と言うか芸がなく)同じ感想なんですが、桜を観ると「あぁ、日本人で良かった。日本に居て良かった。」と心から感動します。なんなんでしょう、この瞬間的で儚い桜の魅力…。これを愛でずして春は語れません。

おへそを出すのがブームな次女、はずかしい~。

そんな美しいニッポンの桜をバックに、記念撮影をしようと我が子たちに呼びかけると、張り切ってヘソを出す次女…。えーと、立派なそのお腹は、大事に仕舞っておきましょうか…。

profile

A.Pinetree

Author:A.Pinetree
◇born in 1975
◇living in Kyoto
◇hubby & 5 kids in my family
◇love knitting & sewing
◇speak Japanese & English

twitter...

a_pinetree Reload

calendar

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

my children

visitors since 5 Jun. 2008

visitor

現在の閲覧者数:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。