A.PINETREE maternity life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33W1D 妊娠9カ月目。

9th months 

(今日はこれから33週目の妊婦健診があるのですが、もしかして即入院…ということもあり得るので、先に記記録しておきます…。)

いよいよ最後のニンプライフも終盤、妊娠9カ月目に突入しました。
双子と判った時は、この小さいと言われ続けた我が子宮がどれだけ耐えてくれるのかと心配していたけど、大きな問題もなく、これまでは2人ともすくすくと育ってくれているので、3度の傷に耐えながらも最後の大仕事をよくここまで頑張ったなぁ、と子宮の活躍を褒めてあげたい気分です。

さて、前述どおり、これから検診であるものの、毎回検診の度に『次は入院を覚悟しておいて』と医師に言われているので、出産前これが最後になるかなぁと思いつつ、記録。

張り裂けそうなお腹

年末年始を挟むこの一ヶ月間、クリスマスやら忘年会やらお正月の食事やら夫の誕生日やら温泉一泊やら…と何かと食べる機会があったせいもあり、体重は驚くほど増えてしまいました。これで胎児が成長してないなんてことがあったら悲しいのですが、先月のお腹写真と見比べる限り、やはり胎児の成長もこのひと月は著しかったようです。

これまで3回の妊娠経験では、臨月に入っても周りの人から「臨月とは信じ難い小さいお腹やなぁ」と言われる私でしたが、今回の妊娠では「もうそろそろなん?」と言われる事も多々。そりゃ、×2ですから、大きくて当然なんですが、「2人入ってる」と言うとやっぱり「へぇ?そん中に2人も入ってんの?ほな、小さいなぁ」と言われます。

…いやいや、自分ではもうこれ以上無理!って叫びたいほどのパンパンのお腹で、ちょっと食べるだけでも胸やけがするし、骨盤はゆるゆるで痛いし、一度座ると立ち上がれない重いお腹です。あとどれだけ耐えてくれるのか、自分でも興味深々です。

上の子たちの世話と双子との時間

3人の子供たちの世話をしながら、あまりにうるさくドタバタと走り回り危なっかしい子供らに、時にコルァ~~~~!!と叫びつつ、お着替えやおむつ替えの時、いたずらに逃げ回る次女を追いかけ回しつつ、ヘトヘトになりながら夜を迎え、子供たちが寝静まったころにようやくゆっくりお腹の中の双子と対話する時間ができます。

風呂の湯船に浸かり、陸上よりちょっと軽く感じるお腹をナデナデしながら、2人を想像していると、おへそあたりにボコっと隆起、触ってみるとどうやらひじかかかとのよう。触るとびくっとして引っ込むけれど、今度は右の子(逆子)の頭らしき丸いものがゴロンと隆起。かと思ったら、次は左側がボコっと隆起…という具合で、上から眺めていると、お腹がいびつに変形してとてもリアルな胎動を感じます。

決まらない名前

4人目、5人目、それも双子となると難しいのが、名づけ。一人目でもあれだけ迷ったのに、4人目、5人目となるとポンと良いのが浮かばないんです。夫に言うと、「おれも考えてはいるけど、まだコレっていうのが浮かばへんねん」と同じ状況。一生モノだからこそ、1人目、2人目、3人目と同じ愛情を込めて良い名前をプレゼントしたいと思うんですが…生まれてきた2人と対面したら降って来るかな~良い名前。編物をしながら、いろいろ考え中です。

その他記録

◇体重:55.5㎏(+11kg) …あちゃ~。 陸に上がったクジラの気持ち。

◇腹囲:92cm

◇お腹の張り:先月から今月にかけて一番ひどく、キライなウテメリンを服用中。動悸がひどい。

◇体調:骨盤がだんだん緩んできているせいか、体勢を変える度に激痛が走る。仰向けで寝転ぶと寝返りが打てないほど傷む骨盤。この痛みのせいで、エコー検査の後の起き上がりに3分ほど掛かる。蓄膿症も慢性的にひどく、産後まで付き合い続けるしかない模様。

明後日は、長男長女の保育園の生活発表会、今日入院となったら観に行けないので、どうか何事もなく無事帰って来れますように…。

<追記> 15:30 検診終了~。何とか今回は入院を免れました。しかしながら、第4子の頭がだいぶ下がってきていて子宮頸管が25mmと短くなっており、来週もしこれ以上短くなっているようなら即入院とのこと。取り敢えず、ウテメリンを続けて自宅で様子を見ることに…。入院期間は最低限の2週間(産前産後含め)に留めたいなぁ。

ベビーの推定体重は、第4子、第5子ともに1600g前後でほぼ差はなし。(通常妊娠であれば30週相当)
羊水も血流も心拍も問題ナッシング(^.^) でホっ。
スポンサーサイト

28W 1D 妊娠後期に入りました。

妊娠8カ月のお腹

最後の妊娠ということで毎月、こうやって写真を撮って様子を簡単に記録しているのですが、写真を見るとまだまだこれから膨らんでも良さそうに見えるお腹、当人にはこれが重たくて重たくて、立っているのも座っているのもしんどいと感じるこの頃です。

双子妊娠も28W、8ヶ月目、妊娠後期に入りました。

週一回ペースとなった妊婦健診
大学病院での妊婦健診、安定期のないと言われる双子妊娠で、今回の妊娠はこれまでにない頻度で定期的に診て頂いています。多分通常、安定期とされるこの時期はまだ1カ月に一度の検診~2週間置き位になるころだと思うのですが、様々なリスクも考えられる一卵性の双子と言うこともあって、今回の妊娠は初めから2週間置き、そして7ヶ月目に入ったころから毎週診てもらっています。

双子の様子
現在の2人の推定体重はおよそ1000g、通常の妊娠では27週目相当の大きさまで成長しています。心配していた成長の差、栄養の取り合いなどは今のところ見られず、成長としては小さい目ながらも順調に育ってくれています。

第4子(左側にポジショニング)は頭を下に、第5子(右側にポジショニング)は一時頭を下にしていましたが、ほぼずっと頭を上にした状態、互いに股の間に相手の頭があるような格好で狭い小さなお腹の中でお互いの場所を確保しています。

性別は先月あたりからほぼ確定…妊娠したと知った瞬間から絶対そうだろうと疑わなかった私の勘通りでした。ちなみに、5歳長男は「ママ、双子の赤ちゃん、男の子にしてな。ひとりは女の子でもええけど。」と言うてます。男の子の遊び相手が欲しいんでしょう。

激しくなってきた胎動
元気な2人の証、ボコボコとよく動き回ります。最近は「手や足でここら辺をこちょこちょされてる!」とか「頭でぐいぐい押されてる!」とか分るようになりました。お腹の上の方や背中を撫でると、2人が返事をしてくれます。いっぺんにゴニョゴニョと動くので、ちょっと酔いそうになることも…。しかし、これだけ元気に動いてくれれば安心です。

出産の予定日
4度目の帝王切開で双子が生まれてくる予定です。3月9日が出産予定日である私の場合、今回の双子妊娠では4度目の妊娠でお産の兆候が進むのが段々早くなってきたこともあり、36週目の2月14日もしくは37週目の21日あたりになるだろうと医師に言われています。

思い起こせば、第2子である長女、第3子である次女もこうやって生まれてくる日を前もって予定はしていたのですが、2人とも予定日よりも数日ずつ早く陣痛を起こして生まれる日を決めてくれました。(結局ふたりとも緊急帝王切開となった)私としては、結果帝王切開となっても、生まれてくる子の生年月日を自分や病院の都合で決めるのは不本意で、せめて生まれてくるべき日は子供に教えて欲しいと思っていたので、きっと娘達にはその気持ちが伝わったのだと思います。…ということで、今回はどうなるのか、まだまだ分りません。

予定日としては2月中旬ですが、医師の口から検診のたびに何度も「即入院になるかも知れない」と言われています。これも経過を見て…になるのですが、多胎児妊娠ではよくあることらしく、私も7か月ごろにはいつでも入院&出産となってもいいように荷物は準備しました。ただ、上に3人の子がいるので、早くから入院となることは避けたく、検診の度に「今から入院、という話になりませんように…」と心で祈っています。

仕事
仕事はだいぶ以前にウェブの仕事を手伝ってもらっていた女の子に、週一回のペースで助っ人を頼み、更新作業などをお願いすることになっているのですが、そのペースでは追いつかず、結局先週は山のような仕事を片付けました。パソコン前に座るのがなかなかしんどくなってきたので、もう勘弁して~という感じでしたが、そろそろ落ち着けそうです。

産前産後のサポート
これまでの3回の出産では、近くに住む夫の実家で産後お世話になっていましたが、とある理由で4度目(双子)の出産ではそれが望めなくなり、産後は今家族5人が暮らす自宅にて普通に生活することとなりました。そこで、実母に産後1ヶ月間ほどの仕事の休みを取ってもらい、産後の世話をお願いすることに…。母も仕事をしながら、入院中の両親(私の祖父母)の世話にや介護施設に入っている親戚の世話までしているので、苦労を掛けますが…。

当分は母を頼らせてもらうのですが、恐らく上の子たちの世話だけでも大変なので、外部のサポートも検討しています。京都市では、去年7月から「3人目以降出産から利用できる、産前産後サポート」というのがあり、産褥時の家事や子供たちの世話を手助けしてくれる派遣事業を実施しています。通常、このようなママサービスは、専門の企業で頼むと、1時間2500円位かかり、その上交通費や登録費が掛かるので、気軽に頼める料金ではないのですが、京都市経由の派遣は1時間800円、ただし1日2時間を16回までと決まっています。

産後は、こういった市からのサポートや企業のママサービスを利用しつつ、徐々に5人育児、7人家族生活に慣れて行こうと思っています。

◇妊娠メモメモ…
体重:52.5㎏(+8kg)…中期に一気に増えた体重、増え方は緩やかになってはいるものの…。

腹囲:89㎝…1カ月で+7.5cm。ゴロンと横になっている時間が長いせいか、成長してます。

体調:相変わらず蓄膿症で慢性的に鼻ブロック状態。これはもう来春生まれてくるまで付き合わないといけない症状なんだろうなと思います。

立っていると骨盤あたりが痛くなり、座っていても内臓の圧迫感があってしんどく、最近は趣味のソーイングどころか、ニッティングも長く続かない状態。ゴロンと横になっているのが一番ラクなので、早寝早起きで朝時間を愉しんでいた私ですが、最近は8時間以上睡眠を取って朝もゆっくり息子と起きるペースです。

24W1D おふたり様は今。


妊娠7カ月のお腹。
 


24週目、4度目の妊娠生活も7ヶ月目に入りました。
6カ月から急に大きくなったお腹で身体が重く、立つのも座るのも「よいっしょっ。」といった感じです。
秋冬服を着ていても、お腹の膨らみは目立つようになり、保育園の送り迎え時に、普段あまり話をしないお母さん達にも「え???もしかして、4人目さん???」と聞かれるように。
「それが、4人目と5人目やねん、双子、ふたご。」と言うと、決まって目を見開いて
「うそ~~~!!大変やん、うわ~、5人??そやけど、おめでと~。え~、すごい…。」などと、驚きの様子。そらそうやね、自分でもびっくりしましたもん、まさか双子だなんて。


7カ月病院での検診
さて、二日前にいつもの病院へ検診に行ってまいりました。
今回は、最新3D4Dエコー検査も含め(有料)、いつもより入念に赤ちゃんの様子を診てもらいました。

4子は617g、5子は630g推定と成長もほぼ同じくらいで安心しました。羊水の量、心臓、膀胱、胎盤の位置、子宮口ともに異常は見られなく、ここまでは申し分ないほど順調なマタニティライフを過ごせています。

エコー検査によると、右側に陣取る第4子は頭を下に、左側に陣取る第5子は頭を上に、互い違いになってポジショニング。時々、「ちょっと、君、顔の前の足がじゃまで~す。」と言わんばかりに、手で顔の前に来た足を払いのける仕草が見られたりして、双子のこの10カ月近くの濃密な関係を面白いな~と想像して観ていました。

初めて見た4Dの検査では、右側のベビーの顔やぎゅっと握ったかわいい手足がくっきり写っていて、それを見た夫は「この子、オレそっくりやん。」とのコメント。はいはい。

入院の準備
これまでは順調に行っている今回の妊娠ですが、双子ゆえ、検査の結果によっては、すぐに管理入院ということがこの先起りうる話ですので、そろそろ入院・出産準備も整えておかないといけないなと思います。先輩双子ママであるsnowmamasさんが管理入院されたときに、「編物でも持参すれば良かった…」と仰ってたので、編みかけのカーディなんかも一緒に。

◇妊娠メモメモ…
体重:51.5㎏(+7.0㎏)…先月増えすぎーと叫んでいたのに、1か月でさらに1.5キロ。食欲の秋、気が緩みっぱなしです。

腹囲:81.5㎝…1か月で+2.5㎝。数値上ではこの1ヶ月間では思ったほど膨らみはなかったようです。

胎動:子供たちがナデナデすると、ぼこぼこと反応します。背中をさすられても子宮の中では音が聞こえるのか、ごにょごにょと反応します。

体調:完全に蓄膿症の症状が…そして最近は悪化。片頭痛を併発しているので、夜はとにかく子供たちと早く寝る…を心がけています。食事制限して塩番茶で鼻うがい…しないといけません。

20W1D 妊婦健診。

2人だと2カ月位早いペースで大きく膨らむお腹。 

20W1D 双子妊娠も6カ月目に入りました。
安定期がないとされる双子妊娠は、この期間も2週間置きのペースで病院での検診を行っています。総合病院での3度目の検診を受けて来ました。

慣れてきた病院の雰囲気
初診では9時に受付をして病院を出たのが2時過ぎ…と相当な待ち時間だった総合病院での検診ですが、二回目以降は時間予約でスムーズに診ていただけるので予約時間から1時間もすれば病院の外へ。次女を連れての検診なので、待ち時間が短いのは大変助かります。 大きな病院で検査項目によっては階を降りたり、上がったり…もあるのですが、慣れてしまえば苦ではなく、このほうが効率よく機能するのだなと納得。

診察
診て頂く先生は違っても、どの先生もエコー検査でじっくり診て丁寧に説明してくれるので、安心です。今日の先生には、「え?上に3人もいはんの??5人かぁ、頑張るなぁ。」と…はい、ガンバリマスので、ご協力よろしゅうおたのもうします。

今日の検診では、2人とも成長に問題は見られなく、エコー検査で診て見ると、予想体重も右側に陣取る第4子295g&左側に陣取る第5子も285gと単胎児の成長に比べて若干少ない程度で、心配していた「成長の差」が今のところなく安心しました。

しかし、よく動く二人、エコー検査中、モニターでひとりを観察しようとしてたら、もう片方がにょき~っと足を出してきたり、頭を出してきたり、邪魔してんのか、我先に…と思っているのか、この2人、なかな笑かしてくれます。

◇妊娠メモメモ…
体重:50.0㎏(+5.5㎏)…1か月で3キロ、ひょえ~やっちゃいましたっ!!残飯処理班、任務放棄します。

腹囲:79㎝…1か月で+5㎝。面白いほど早いスピードで膨らむお腹、出す度に次女がいっぱいナデナデしてくれます。(長男も長女が生まれる前、長女も次女が生まれる前にこうやってナデナデしてました)

胎動:初めてゴニョっと感じたのは16W中。今では横になったり、座ったりと体勢を変えるたびに右でゴニョゴニョ、左でゴニョゴニョと動くのを感じます。きっと活発な2人でしょう。

体調:6ヶ月目に入って風邪を引いたのか、ひどい鼻づまりに悩まされ中です。このままではまた(前回2回の妊娠時もそう)蓄膿症へまっしぐら…あぁいやだイヤダ。鼻で息ができず、あまりのしんどさにツイッターでぼやきツイートをしてしまったら、たくさんのいいアドバイスを頂戴したので、試してみます。

profile

A.Pinetree

Author:A.Pinetree
◇born in 1975
◇living in Kyoto
◇hubby & 5 kids in my family
◇love knitting & sewing
◇speak Japanese & English

twitter...

a_pinetree Reload

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

my children

visitors since 5 Jun. 2008

visitor

現在の閲覧者数:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。